お知らせ

2016年2月1日

犬・猫用内外部寄生虫駆除薬「アドボケート®」新発売のご案内

このたび弊社は、2016年2月1日より犬・猫用内外部寄生虫駆除薬「アドボケート®」を発売します。

「アドボケート®」は2つの有効成分(モキシデクチン、イミダクロプリド)が1剤に配合されたスポットタイプの動物用医薬品です。モキシデクチンが犬や猫で問題となるほとんどの線虫類(フィラリア感染幼虫・回虫・鉤虫)とミミヒゼンダニ(猫用製品)に対して高い駆除効果を発揮します。さらに定期的な投薬によりモキシデクチンの線虫類に対する有効濃度が保たれ、線虫類への駆除効果が途切れることなく持続し(プロアクティブ)、常に愛犬・愛猫を守り続けます。また、もうひとつの有効成分イミダクロプリドは、投薬後全身の皮膚表面と被毛上に広がり、吸血に依らずノミ成虫に直接作用してすばやく駆除効果を発揮します。

「アドボケート®」は、弊社特約店を通じ、全国の動物病院で販売されます。弊社では、今後もニーズにお応えできる革新的な製品を開発することにより、動物と人とのより良い関係を支えてまいります。

「アドボケート® 犬用」製品概要
製品名アドボケート® 犬用
<劇薬・指定医薬品・要指示医薬品・動物用医薬品>
効果・効能犬糸状虫症の予防、ノミ・犬回虫及び犬鉤虫の駆除
有効成分1mL中にイミダクロプリド100.0mg およびモキシデクチン25.0mgを含有
用法・用量体重1kg当たりイミダクロプリド10mg、モキシデクチン2.5mgを基準量とした以下の投与量を、犬の肩甲骨間の被毛を分け、容器の先端を皮膚につけて全量を滴下する。
なお、4.0mLピペットあるいはそれ以上の量を組み合わせて投与する場合は、数ヵ所に分けて滴下する。
本剤を適用する場合、投与頻度が月1回を超えないよう注意すること。
犬糸状虫症の予防:毎月1回、1ヵ月間隔で蚊の活動開始1ヵ月以内から活動終了まで投与する。
ノミ、犬回虫及び犬鉤虫の駆除:1回投与する。
体重用量
1kg以上4kg未満0.4mLピペット1個全量
4kg以上10kg未満1.0mLピペット1個全量
10kg以上25kg未満2.5mLピペット1個全量
25kg以上40kg未満4.0mLピペット1個全量
40kg以上適切なピペットの組み合わせ
「アドボケート® 猫用」製品概要
製品名アドボケート® 猫用
<劇薬・指定医薬品・要指示医薬品・動物用医薬品>
効果・効能犬糸状虫症の予防、ノミ・ミミヒゼンダニ・猫回虫及び猫鉤虫の駆除
有効成分1mL中にイミダクロプリド100.0mg およびモキシデクチン10.0mgを含有
用法・用量体重1kg当たりイミダクロプリド10mg、モキシデクチン1mgを基準量とした以下の投与量を、猫の頸背部の被毛を分け、容器の先端を皮膚につけて全量を滴下する。
本剤を適用する場合、投与頻度が月1回を超えないよう注意すること。
犬糸状虫症の予防:毎月1回、1ヵ月間隔で蚊の活動開始1ヵ月以内から活動終了まで投与する。
ノミ、ミミヒゼンダニ、猫回虫及び猫鉤虫の駆除:1回投与する。
体重用量
1kg以上4kg未満0.4mLピペット1個全量
4kg以上8kg未満0.8mLピペット1個全量
8kg以上適切なピペットの組み合わせ
お問い合わせ

バイエル薬品株式会社 動物用薬品事業部
TEL:03-6266-7345

動物用薬品事業部の関連サイト
Life with Petペットオーナーの方へ

Life with Pet

FAP 畜産事業関係者向け情報畜産事業関係者の方へ

FAP 畜産事業関係者向け情報

小動物獣医療関係者向け情報獣医療関係者の方へ

小動物獣医療
関係者向け情報

CVBD日本語版サイト獣医療関係者の方へ

CVBD
日本語版サイト

Content
  • 動物薬品事業部からのメッセージ
  • 採用情報
  • アクセスマップ